氷菓

千反田えるフィギュアが超かわいい

京アニショップ限定 氷菓 千反田える エンディングフィギュア(1/6スケールPVC塗装済み完成品)

千反田えるたそエンディングフィギュア  


■千反田えるのフィギュア
■彩色済み完成品フィギュア
■1/6スケール
■全高:約266mm
■価格 18500円程度
■クオリティ ☆☆☆☆☆

京都アニメーション政策千反田えるのエンディングフィギュアについて


テレビアニメ氷菓の2話から14話ぐらいまで放送されたエンディングが非常にいろんな意味でクオリティが高く、一部のマニアの間ではすごい反響を呼んだ



このエンディングで彼女たちが着ているナイトイェアは非常にデザインが洗礼されすぎていて、実際にはあまり見かけないものである。
なぜ、彼女たちがこのような格好で何をしているかは不明だが、おそらくは雰囲気重視で何か元ネタがありそれを持ちに演出を考えたものだと思われる。


そして、このナイトウェアを来た千反田えるフィギュアがアマゾンでも販売されており、京アニのECサイトより多少お得ではある。
また、購入者にダイレクトメールを送ってくる心配がないため、家族がいる場合で自分の趣味を隠している場合はアマゾンでの購入がお勧めである。
Page up▲
千反田えるとは?
千反田えるとは、昔からその地方にある古い一族である千反田家の女史である。

彼女の家は農業という真っ当なビジネスで先祖代々受け継がれる資産を使い膨大な農産物を生産してきた。

また広大な農地を所有し地域住人へ農地を貸し出すという地域に密着した資産形のビジネスで安定的な利益を得ている。

しかし、最近では、日本経済の長期的な低迷による産業の空洞化や海外からの輸入食料にシェアを奪われたり、地域の高齢化による農業人口の減少などによって徐々に収入面で千反田家は苦しい状況に立たされ、かつてのような権力が次第になくなり半分没落しかけている。

千反田える自身は、この現状を、合理的経営という側面、あるいは農業のイノベーションという側面から改善しようと画策している。


千反田えるはなぜ折木奉太郎のことを気にかけているのか?

千反田えるは折木奉太郎と結婚するのか?


古典の漫画「氷菓」について

京アニフィギュアについて
京都アニメーションという萌えアニメの制作でトップクラスの会社の社員による生産されたフィギュアである。
このフィギュアのことを京アニフィギュアといい自身の会社のECサイトで販売している。

フィギュアのクオリティは高く、値段は通常の市販されているフィギュアよりも少々高めである。
リンク